当たり前の指導内容でも、必ず野球の一連の動きで、意味を伝えたい!

少年野球で、もともと当たり前にされる指導

私が少年野球をやっていた小・中学の頃から、以下のような指導は、当然のようにされていましたし、私も、意味も考えず、そんなもんだと思っていました。

  • 『声を出せー!』
  • 『投げるとき、肘を上げろ!』
  • 『後ろに行ったボールを取って来い!』

そんな指導を受けてから、うん十年経ち、そして仕事も経営コンサルタントとして、大人の方々もご指導する立場になると、大人でさえ、意味や目的がしっかりと腑に落ちていないことは、改善に至らないし、一見改善しても、定着しないことを思い知らされます。

大人でさえそうなのですから、子供なら大人以上に、1つ1つの指導の意味や目的を、腑に落ちるように伝えてあげないと、当然、無意識の改善にまでは至らないと痛感しています。

コーチとして意識し合っていること

(1)声を出すことを本能に刷り込む

1つ目。

私も、ほかのコーチも共通して、低学年の選手を教えるとき、意識していることは、

『単に、行動のみを命令・指示しないこと』

ということです。

例えば、バッティング練習をしている時に、守備をしている選手とこんな約束をします。

『コーチと、選手とで、絶対に後ろにそらさないように、守り抜こう!』

そういう時に、ついでに、

『打ってこいー!!!と、自分の所に呼び込もうぜ!』

と言うと、自分の所で、打球を止めたい、という気持ちを持っているから、当たり前のように、

『バッチ来い!よし来い!!』

と、声が出ます。

また、こんなことも伝えます。

『3人しか守備いないから、自分が絶対に取る、と思ったら必ず、OK!とかオーライ!って言おうね!』

そうすると、選手たち、本当に声が出ています。

「オーライ!!」

(2)肘を上げないと困ること

2つ目。

投げるときに、肘が下がり気味の選手には、2つのことを伝えています。

  1. 『肘が下がっているということは、肘に頼って投げている証拠。それを続けていると、確実に、肘を壊すんだよ』
  2. 『(ノックで送球が逸れてしまう選手に)肘が下がって、サイドスローになっていると、どうしても、左右のコントロールが悪くなるんだよ』

「なぜ、肘を下げないで投げたほうがいいのか」をしっかり伝えると、少しずつ選手も真剣に改善に取り組んでくれます。

(3)後ろに行ったボール

3つ目。

後ろに行ったボールは、誰かが必ず取りに行かなければなりません。

私や他のコーチは、率先して外野を守ってくれる選手に、

『負担のあるポジションを、ありがとう!絶対に内野で止めるからね!』

と感謝と約束を伝えます。

そうすると、外野の選手は、使命感を持って守ってくれます。

内野の選手も責任感を持って、後ろに逸らさない気迫を持ってくれます。

そして、いざ、外野の選手が後ろに逸らしてしまった場合、バッターにトスを上げるコーチが、待ってくれる場合は、そのまま、頑張って取りに行ってもらいます。

そして、必ず、

「ありがとう!止められなくてごめんね!」

と伝えます。

一方、すぐに、バッターにトスを上げる様子なら、

「外野をそのまま守ってていいよ、コーチがボールを取ってくるから」

と伝え、すぐ自分でボールを探しに行きます。

こういう風にして、逸らしたのが悪いかの如く、逸れたボールを最後まで追わせるのではなく、必要に応じて、必要な人がボールを探しに行く、という雰囲気を、コーチ同士で作っています。

野球の一連の動きで、意味を伝える努力

上記のように、行動だけを命令したり指示するのではなく、野球という1つの大きなゲームの中で、どうしても必要な行動や工夫があり、それらが必要なんだと選手に伝わるように、行動と意味を分かりやすくセットで、伝えるように、コーチ陣で努力しています。

選手も一生懸命、野球が上達できるよう努力していますから、コーチとしても、

『どうしたら、面白く、分かりやすく、実践的に、本能に刷り込むように、野球を覚えさせてあげられるか』

を日々、研究しているつもりです。

だからコーチも奥が深くて、病みつきになります。

コーチになってから、何冊の教則本を買ったことか・・(妻からは白い目・・汗

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です